今、最も熱い投資先は、
日本の未上場株である。

2020年、
日本は “大廃業時代" を迎える

社会の課題を解決し、
投資家に収益をもたらすことが、
トータスパートナーズの使命

真に価値あるヘッジファンドとは

2019年現在、
日本には株式会社が約250万社ありますが、
その99%以上が、未上場企業であり、
半数の社長の平均年齢が60歳を超えています。

そして、少子高齢化という社会問題にともない、
何とそれらのうち半数以上は、
「後継者が不在」という
深刻な事業継承問題に直面しているのです。

トータスパートナーズは、
黒字のまま廃業を迎えようとしている優良企業へ投資することで、
安定した、高い利回りを目指すヘッジファンドです。

<出資に関するお問合わせ>

 
弊社へのお問合わせは以下のフォームに情報をご記入下さい。

 

社会的課題は、同時に、
投資における “チャンス” である。

後継者不在により廃業が余儀なくされる企業の中には、
非常に優れた収益を上げている会社が数多く存在します。
トータスパートナーズは、
ここに大きな「投資チャンス」が存在すると考えています。

日経平均の暴落に備える

トータスパートナーズは、
未上場企業を投資対象としたヘッジファンドです。

上場企業ではなく未上場の企業へと投資をする最大の魅力は、
マーケットの影響を受けにくい、というものです。

日経平均は既に多くの優れた投資家が気付いている通り、
実態経済に比較して上がり過ぎており、
今後、大きな調整局面を余儀なくされます。

その際に資産を保全し安定的に利回りを出す為には、
マーケットとの相関の薄い資産への投資、
つまりオルタナティブ投資を実践していく必要があるのです。

「未上場優良企業の株式」は、
現時点で最も魅力的なオルタナティブ資産であると考えられます。

<出資に関するお問合わせ>

 
弊社へのお問合わせは以下のフォームに情報をご記入下さい。

 

プロフェッショナルの投資戦略

トータスパートナーズの強み

トータスパートナーズは、
外資系金融機関、コンサルティングファーム、総合商社等、
日本のトップ企業出身者のみで構成されています。

投資におけるプロフェッショナルとして足繁く現場に通い、
あらゆる観点から未上場企業の投資先としての価値を分析します。

また、我々は買収した企業の経営へと深く携わることで、
企業価値の飛躍的な向上を目指します。
投資は、分析がゴールではありません。
分析し資金を投じてからがスタートです。

我々は、トータスパートナーズが投資することで
投資先に与えることのできる、
「付加価値」に常に注目しています。

<出資に関するお問合わせ>

 
弊社へのお問合わせは以下のフォームに情報をご記入下さい。

 

== 投資に当たってのQ&A ==

  
Q:元本を下回る可能性はありますか?
A:投資は元本を保証するものではなく、
元本割れを起こす可能性も御座います。

Q:最低投資金額はいくらですか?
A:弊社では最低出資額を原則1,000万円と
定めさせて頂いております。
それ以下の金額におかれましては、
個別にお問い合わせを頂ければ幸いです。

Q:引き出しはいつでも可能ですか?
A:弊社では原則として、
四半期毎に増資/出金のタイミングを
設けさせて頂いております。

Q:為替のリスクは存在しますか?
A:日本円でお預かりし、円建てで投資を致しますので、
為替の影響は御座いません。

Q:具体的な投資先は開示頂けるのでしょうか?
A:投資家の皆様には、四半期毎に、
決算報告書を送付致します。
同報告書には投資先や投資戦略に関する
具体的な説明を付記致します。

Q:資料だけ頂くことは可能ですか?
A:投資をお考えの方におかれましては、
原則として、弊社社員が直接お伺いし、
ご説明をさせて頂いております。

Q:借り入れ資金での投資は可能ですか?
A:投資は、原則として投資家の皆様の、
自己資金内にてお願いしております。